2012年06月11日

人は過ちを繰り返す

人間とは愚かなものです。先日夕刻、野田総理大臣が福井県おおい町にある大飯原発再稼働の方針を発表しました。
野田首相はこう言いました。「国民生活を守るためだ」と。
「全電源喪失が起こっても、炉心溶融しないことが確認された」と。
一体どうやって炉心溶融しないことを確認したのでしょうか?

大飯原発で行われたストレステストは、原発を早期再稼働させることが優先された名ばかりテストです。
本来海外なみの厳しい基準を参考に行われるはずだったストレステストは、経済産業省からの強い圧力によって日本独自の非常に甘い基準に変えられました。
そんなストレステストで調べた大飯原発は、「安全が確認された」のではなく、「安全ではないが安全であることにした」のです。
かつて東京電力福島第一原発もまた、危険性が指摘されていたにも関わらずその危険はなかったことにして、地元住民を始め多くの人たちに「絶対安全」といういわゆる‘安全神話’を植え付けていきました。
しかし、実際には指摘通り、地震と津波によって全電源は喪失し、その後の対応のまずさから炉心溶融はおろか水素爆発まで引き起こし、幅広い地域に多量の放射性物質を撒き散らすことになったのです。

我々日本人は、その痛みと犠牲をもって気づかされたはずでした。
しかし、実際には何も変わっていませんでした。
政府も、そして福井県もまた「安全であることにして」なんら対策も行われていない大飯原発を早急に再稼働させる方針を固めたのです。
「経済のため」「地元雇用のため」言い訳はいくらでもできます。
しかし、今回大飯原発が再稼働されれば、今度は万が一事故が起こったとしても地元おおい町の住民は被害者とは言えず、むしろ他の地域が汚染されれば見事に加害者であることを忘れてはならないと思います。

もう原発事故が起きたらどのような事態が起き、どのようなことになるのかその目で見たのですから、それでも交付金や原発関連の仕事を選ぶということはまさに愚の骨頂そのものです。

正直関東以西の人たちの多くは危機感が薄すぎる。どこかで自分たちは関係ないと思っている。
だから平気で再稼働を推進する。実に愚かなことだ。
あれだけのことがあって、日本のほぼ半分が放射能に汚染され、人が数十年規模で住めない場所ができてもまだ気づけないのなら、いっそ滅んでしまうまで、再び取り返しのつかない事態になるまで使えばいい。そうなる道を選んでいるのだから。
そして実際に自分に身近な場所が汚染され、危険が及んで初めて原発を動かしたことの愚かさに気づくだろう。
posted by カザナギ at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

もうすぐ梅雨入り

毎年のことですが、僕は梅雨が大の苦手です。
今年ももうまもなく、沖縄、奄美以外の地域も梅雨入りし始めるころでしょう。
ことしは台風3号に押し上げられる形でやって来るようです。

僕が梅雨が苦手な理由はただ1つ。体調が著しく悪くなる傾向だから。
あの毎日が薄暗く、ジメジメと体にまとわりつくような暑さと、
梅雨前線の停滞で雨ばかりの毎日になるのがなんとも耐えられません。

畳や布団まで湿気っているようで、時にはどこからともなくカビ臭い。
梅雨なんて来なければいいのに!
最近は気候もおかしいから、梅雨と言ってもきっと雷雨なんかがありそうな予感…。

梅雨こないでぇ〜!
posted by カザナギ at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

最近の出来事

さて、しばらく書いていなかったので近況を綴ります。

最近の僕は相変わらずすっきりしない体調のまま毎日をなんとか過ごしています。
先日の金環日食の際には事前に日食グラスを用意することもできないので、
外へは出ず部屋でテレビの中継を見ながらtwitterで見ている人がアップしてくれる画像で楽しみました。

東京スカイツリー開業日はあいにくの雨。初日の超プレミアチケットをゲットした人たちも良い景色は見られなかったようで残念です。
僕はというと、そんなスカイツリーに縁はなく、結局その日も病院通い。
病人の生活なんてこんなもんだと諦めつつも、どこかもの悲しさを感じたこの2日間でした。

その間、父は休みで家にいましたが、父は金環日食やスカイツリーに騒ぎ立てるような性格でもなく無関心。
話も盛り上がらず相変わらずどこか距離のある親子です。

明日から父は再び仕事。僕は家に1人。本来家に1人でいていいような体じゃないんだけど、
もはや父と僕しかいないのだから父は働きに出るしかなく、
弟とはほとんど連絡も取れずにもはや別居状態。頼れる人もいないので、
僕は1人で家にいるしかありません。
どうか明日も1日何事もなく、平和に暮らせますようにとただ祈るばかりです。
posted by カザナギ at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

最近思うこと

最近ふと思うのですが、自分って昔に比べてあまり物事に興味がなくなったな…と思います。
昔…と言っても最低6年ほど前までは、今よりもっといろんなことに興味を持っていたなと。

例えば毎週欠かさず読んでいた雑誌をまったく買わなくなったとか、
かなりのゲーム狂だったのに全然やらなくなったとか、
流行りの歌を知らないとか、今人気のある歌手やタレントなどをほとんど知らないとか、
お笑い芸人も知らないとか…。

つまりはほとんどバラエティー番組や音楽番組、民放の連続ドラマなどを見なくなったってことなんですけど、
名前だけ知ってるとか、見たことがある程度の知識しか持たないことが増えたように思います。
大好きだったアニメもほとんど見なくなりました。

では今僕が何になら興味があるのかというと、はっきり言って野球、サッカー、大相撲くらい。
他の競技も見ますが、詳しく知るほどでもありません。
それ以外にはほとんどNHKばかりを見ていたり、民放でも見るのはニュースとドキュメンタリーばかり。
興味分野の幅が大幅に狭まってしまいました。

また、まもなく開演する東京スカイツリー。連日のように各メディアがスカイツリーを騒ぐ中、
自分はそれを非常に冷めた目で見ているのがわかります。
もちろん体がこんなだから、行きたくても行けないのが現実ですが、
倍率の高いチケットを予約して、スカイツリーに上りたい!なんて情熱やわくわく感がまったく湧きません。
早くスカイツリーに上りたくて逮捕される人までいますが、
それが良いとは言わないけど、逮捕されてまで上りたいという熱意がわからないのです。

東京スカイツリーは我が家からも見えます。でもスカイツリーを見るために、
わざわざベランダに出たりすることもなく、なぜか冷めている自分がなんだか嫌になります。

こんなことを言ったら大変失礼なのですが、テレビでスカイツリーを特集してキャーキャー騒いで
「すごい!すごい!」と言っているのがなんだか滑稽で、むしろ鬱陶しいとさえ感じてしまいます。
もちろんあの建物自体は素晴らしいし、あれを造るのに携わった人たちは本当に素晴らしいと思います。
でも、なぜか一緒に盛り上がれない。楽しみにできないのです…。

僕の母は何に対しても興味を示す人でした。中年の専業主婦が、
本来まったく興味を示さないであろうテレビゲームもやっていたし、
若いアイドル歌手からロックバンドも、アニメも、スポーツも、
とにかく否定せずに興味を示す人でした。

そんな母を見てきた僕も、母の影響もあっていろんなことに興味を持ってきましたが、
その母もいなくなり、体の状態もさらに悪くなって、
いつしか僕は物事に興味を持ち続ける余裕もなくなり、
絞りに絞った結果が今なのだと思います。
本当はもっといろんなことに興味を持ち続けたいし、挑戦したいです。
病気に負けない、置かれた立場に負けない強い心を持ちたいと思います。
posted by カザナギ at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

自然災害

先日の日曜日、GW最後の1日は日本列島は大気の状態が不安定とされていました。
各地で雷雨や雹が降るなどし、僕が住む地域でも一時的に激しい雷雨がありました。

そんな中、茨城県や栃木県の一部地域で日本では珍しい大規模な竜巻が発生…。
多くの家屋が吹き飛ばされるなどの被害を受け、残念ながら犠牲者も出てしまいました…。
被害に遭われた方々の中には福島などの被災地から避難されてきた方や、
地震で被害を受けた住宅をようやく修理し終えたばかりという方もいらして、
なんとも自然の非情さを感じずにはいられません…。

東日本大震災以来、メディアでも大きく取り上げられてきたように、
私たち日本人は迫り来る巨大地震と津波から逃れる術に目が向いていました。
しかし、その綻びをあざ笑うかのように、今度は竜巻が襲いました。
「津波が来るから高いところに逃げましょう」、「地震後の断水に備えてお風呂に水を溜めて起きましょう」
という言葉は、今回の竜巻被害で「竜巻が来たらできるだけ下の階に…」、
「竜巻の時はバスタブに避難しましょう」と変わり、
私たちはどうしたらいいのかと混乱してしまいます。

これほど日本に自然が猛威を奮う理由はわかりませんが、
私たち日本人が戦っているものは自然という絶大な力であり、
人知を超えた存在であることは間違いありません。
この日本で生きていくための術をこれからもっと学んで行かなければならないと思います。

僕が脱原発派だからと言うわけではありませんが、
もし原発を大規模な竜巻が直撃したらどうなるのでしょう?
今回のニュースを見ていてふと思いました。
大丈夫なら大丈夫でそれは良いし、もし何か大きな支障を来すならその対策も必要に思います。
posted by カザナギ at 00:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。